肿瘤治疗的新时代—自体肿瘤疫苗疗法 令专家震惊的效果

肿瘤的免疫疗法,是划时代的肿瘤治疗方法
 
    
     肿瘤的免疫疗法就是利用自身的免疫功能,把肿瘤的免疫脱逸转到能让免疫系统识别上来。利用自身的林巴细胞杀死肿瘤,得到治疗。
 
以下是原文

11月14日(土)午後、第12回がんワクチン療法研究会学術集会が千葉県佐倉市ユーカリが丘/ウィッシュトンホテル・ユーカリにて開催されました。

学術集会会長・小池直人先生(聖隷佐倉市民病院・外科)のご尽力で、一般演題が11題、他に会長講演と特別講演(札幌医大名誉教授・佐藤昇志先生)が設定され、小さいながらも非常に中味の濃い充実した研究会でした。

印象的だったのは、自由診療にて自家がんワクチン療法を実施しているクリニックの先生方からの、非常に勇気づけられる症例報告でした。

例えば、stage III以上の進行した胃がんで、自院の過去の症例が6例とも死亡していたのに対し、自家がんワクチン療法を受けた2例が再発することなく、今でも生存しているという報告(竹越内科クリニック・竹越國夫先生)がありました。

また、従来の治療法ではどんな治療をしても治らない(放射線でも、抗がん剤でも、両方でもだめ)というのが常識とされている骨転移がある乳がんで、「自家がんワクチン+放射線」でCR(完全奏功)となった方が、8年間CR状態継続の方から数ヶ月だけCRとなった方も含めて既に4例もあり、今や5例目が出かかっているという報告(因島医師会病院・倉西文仁先生)がありました。

驚いたのは、放射線治療では治らない脳腫瘍(グレードIIの特殊な種類)のため、まともに歩くこともできなかった患者さんが、手術で取りだしたときのがん組織不足のため、通常の1コース分のわずか1/10量の自家がんワクチンしか作れなかったのに、それを1回接種しただけで、17ヶ月後の今日では元気で仕事をしているという事実を聞かされ
たときでした(飛鳥メディカルクリニック・山口透先生)。

この方は、テモダールという同時併用の抗がん剤を断固拒否されていたそうです。放射線治療と1回注射分の自家がんワクチン療法だけを受診しています。

放射線だけでは効くはずがない種類の脳腫瘍だといいますから(東京女子医大・村垣善浩先生)、

“まさか、たった1回で自家がんワクチンが効くとは”

という、開発者側の想定を超えた効果に驚きを禁じ得ませんでした。

この他、抗PD-1抗体と自家がんワクチンを併用して治療に成功した珍しい種類のがんの報告や、樹状細胞療法、ペプチドワクチン療法の発表もありました。

特に、特別講演では、がん免疫療法のなかでも最先端の“治療哲学”に基づいた、がん幹細胞だけに発現する特徴的な分子とそれを狙った治療法 「 Somato-Germinomics 」の研究成果が開示され、非常な勢いで国内の大手製薬メーカーが開発に参入していると発表されました。

この研究会は既に12回目ですが、今後の発展が実に楽しみな研究会となってきています。

なお、来年は、11月の土曜日に広島県にて開催される予定です。

他にも、  既発表の「癌治療の専門医も驚いた症例の数々」が、 → こちらにあります

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大規模病院の先生方へ:

「混合診療禁止」政策により、大規模病院では「自家がんワクチン療法」が実施できなくても、先生ご自身の患者様に対して、お近くの連携クリニックにて簡単に実施できます。既に、大学教授で、この連携方式により、ご担当の患者様の自家がんワクチン療法受診を実現されている先生方も何人もおられます。

具体的な方法は弊社まで直接お問い合わせください。→ こちらが参考になります。

新たに「自家がんワクチン療法」を自院でも開始したい病院の先生方は、どうか遠慮なく弊社にご連絡下さい。直接説明に伺います。大病院から小型診療所まで、どこでも簡単に実施可能です。しかも肝がんでは、すでに無作為比較対照臨床試験で有効性が証明されているエビデンスレベルの高いがん免疫療法です。