来那度胺+利妥昔单抗作为套细胞淋巴瘤的初期治疗非常有效

来那度胺Reburamido)+利妥昔单抗的联合方案用于套细胞淋巴瘤的初始治疗,显示出了高效得长期缓解率
这些结果最近发表在英格兰医学杂志
套细胞淋巴瘤一种比较少见的癌症类型从所述免疫细胞的B细胞产生的。
该疾病经常被诊断在60例患者,特别是更可能发生在男性
套细胞淋巴瘤MCL特别是,如果在高级阶段的状态,有时侵入性初期表现得像一个缓慢的癌症越来越多
治疗的MCL癌转移的状态,侵入性治疗史这在过去健康状况,年龄以及其它医疗条件,完全不同一般状态已经接收到病人

利妥昔单抗是一种药物通常用于MCL治疗,具体蛋白的CD20表达于B细胞表面来那度胺作为MCL治疗,虽然治疗的复发在过去的两年时间进行被批准在2013年
 

キャンサーコンサルタンツ
2015年12月10日

レナリドミド(レブラミド)+リツキシマブ(リツキサン)による併用療法は、マントル細胞リンパ腫の初期治療として投与された場合、長期にわたる寛解を高率で示している。

これらの結果は最近、New England Journal of Medicine誌にて発表された。

マントル細胞リンパ腫は比較的まれながん種であり、B細胞と呼ばれる免疫細胞から発生する 。

この疾患は60歳以上の患者で診断されることが多く、とりわけ男性に多く発生する。

マントル細胞リンパ腫(MCL)は、特に、ステージが進んだ状態で見つかった場合は侵襲性が強いこともあり、早期ステージにおいては成長の遅いがんのようにふるまうこともある 。

MCLの治療は、患者のがん転移状態、侵襲性、過去に受けた治療歴、全身の健康状態、年齢、その他の医学的状況により、かなり異なる。

リツキシマブはMCLの治療によく使用される薬剤であり、B細胞表面に発現する特異タンパク質CD20を標的とする。レナリドミドは、過去2回以上治療が実施されたにもかかわらず再発したMCLの治療として、2013年に承認された。

研究者らは最近、未治療のMCL患者における治療として、レナリドミド+リツキシマブの有効性をさらに調査するため、臨床試験を実施した。試験は、2011~2014年に異なる4医療施設で実施され、患者38人が参加した。

•治療終了後、中央値30カ月時の奏効率 は92%、検出可能がんの完全消失率は64%であった。
•がん進行なしの生存期間(無増悪生存期間)中央値にはまだ達していない 。
•2年時の全生存率は97%であった。
•2年時の無増悪生存率は85%と推定された。
•治療により寛解した患者では生活の質の改善が報告された。
•最も多い重篤な副作用は血球減少や発疹などであった。

研究者らは、レナリドミド+リツキシマブ併用療法は、未治療のMCL患者においては、長期間にわたり高率に抗がん活性を示すと結論づけた。さらに、治療により寛解した患者では生活の質が改善した。

著者らは、レナリドミド+リツキシマブによる生物学的な併用療法はMCLにおける初期治療として有用であると述べた。

参考文献:
Ruan J, Martin P, Shah B, et al. Lenalidomide plus rituximab as initial treatment for mantle-cell lymphoma. New England Journal of Medicine. 2015; 373:1835-1844.